今日の給食
 
寒くなり体調を崩す子どもが増えています。最近は、かぜや発熱での欠席が増えています。
健康で寒さに負けない体づくりのためには、発酵食品がよいようで、今日(12/13)の給食は、キムチの漬け物とチーズ、納豆がでました。
ペロリンして、病気になりにくい強い体をつくりましょう。
 
強い心と体をつくる今日(12月11日)の給食は、鳥取県の郷土料理でした。
主食は、「どんどろけごはん」でした。豆腐を炒めたものがご飯に混ぜてあるのですが、豆腐を炒める音が「雷」に似ていることから、雷の方言である「どんどろけ」という名前が付いたそうです。
 
3日から7日までは、「よい歯の日塩川カミング週間」です。
今日は、喜多方市立学校のお友達が考えた「サンマルちゃん認定献立」でした。
本校からは、5年生の相原さんが考えた「はりはり野菜サラダ」(写真左)が献立となりました。カミカミご飯は、第三小4年生の考えた作品。カミカミ豚肉ロールは、高郷小の先生が考えた作品でした。
どれもよく噛むことを意識して食べることができました。
 
12月5日、第8弾となる絵本とのコラボ給食は、
「じゃがいも ポテトくん」からの「いももち」と「ポテチサラダ」でした。
みんな楽しみにしていたらしく、笑顔でペロリンしていました。
 ※ 詳しくは、毎日発行食育だよりから → 絵本とコラボ じゃがいも ポテトくんH3012月5日.pdf
 
 
 学校給食生産者の会の皆さまから提供いただいている食材のおかげで、食育でめざす「食べる力」「感謝の心」「郷土愛」が育まれ、心身共に健康な子どもが育ち、「あはも」の力をしっかり身に付けています。
今日は、学校給食生産者の会の皆さまにお出でいただき、給食試食会を通して、食べる力を身に付け健やかな子どもが育まれていることを見ていただきました。
 
 
「ペロリンチャレンジ週間」4日目の今日は、ビビンバが献立の主役でした。
その他のメニューは、エビシューマイ、わかめスープ、ヤーコンのゴマ醤油づけ でした。
毎日発行食育通信は、こちらから → びびんば11月29日.pdf
 
11月26日から、「ペロリンチャレンジ週間」です。自然の恵みへの感謝や勤労への尊さについて、気持ちを伝えながら地元の食材を味わいながらペロリンしましょう。
今日は、地場産物活用率80%をめざしたごちそう献立でした(写真右)。
毎日発行食育通信は、こちらから → H30勤労感謝 感謝して食べよう26日.pdf
 
11月14(水)は、中華まんセレクト給食でした。
子ども達は、中華まんかあんまんをセレクトして、おいしくいただきました。
人気だったのは、肉まんで、あんまんの二倍セレクトされてました。ピザまんも入れてほしいとの声もありました。
 
10/29(月)は、ペロリンチャレンジ週間(自分に合った量を完食する)の最終日でした。
献立は、会津名物ソースカツ、ニンジンご飯、根菜みそ汁、ほうれん草とわかめのおひたし、牛乳でした。
また、県の地場産物活用推進事業を活用し、食材の80%を地場産物でつくったごちそう献立でした。
今日のペロリン率は、これまで以上に高いものになったことでしょう。
※ 毎日発行「塩川食育通信」はこちらから → H30ソースカツ赤黄色緑食品  10月29日.pdf
 
10月4日(木)は、12回目となった、大好評『絵本と給食のコラボ』は、絵本「おだんごスープ」からでした。
矢部学校司書が、内容を放送でお知らせし、コーナーをつくってくれました。たくさんの子が、この絵本をめあてに図書館にきます。関連本も置いて、子ども達の読書欲を満たしてくれています。
※ 毎日発行『食育通信』はこちらから →絵本とコラボ だんごスープ H3010月4日.pdf
 
今日25日は、まんじゅう天ぷら、ひじきご飯、けんちん汁のお彼岸献立でした。
本日予定されていた「交通安全鼓笛パレード」は、明日に順延となりましたが、お彼岸献立をペロリンして、元気パレードし交通安全を呼びかけたいと思います。
 
塩川地区学校保健委員会では、「具だくさんみそ汁」週間を通して朝の食事を充実させ、一日を元気に過ごせるようにするとともに、心身の健康な体づくりに取り組んでいます。
9月4日(火)、今日の給食には、6年生の木村凌冴くんのお家から教えていただいた「キムチのみそ汁」が出ました。味噌とキムチといった発酵食品が、疲れた体を回復させてくれます。
「具だくさんみそ汁」週間の期間に限らず、毎朝、具がたっぷりのみそ汁を食べて、健康な体をつくりましょう。
 
9月3日(月)、今日の給食は、防災の日にちなんだ献立がでました。
災害時には、炊き出しとして、おにぎりやすいとんが、また、非常食としては乾パンが活躍します。
この3つが献立になって給食に出されました。おにぎりは、自分で握って食べました。
 
第二学期 8月30日(木)
給食委員会が推薦する、お友達が考えたサンマルちゃん献立は、5年生の二階堂 蓮くんが考えた「豚肉のごま団子」でした。
疲れをとるビタミンB1や、血や肉をつくるタンパク質がたくさん入った豚肉の細切れを使い、表面にはゴマをたっぷりつかってショウガ風味に揚げた料理です。
休み明けの夏バテ気味のからだにぴったりの料理でした。
 
 
今日5日は、七夕に少し早い「七夕メニュー」でした。
コラボ給食第5弾として、絵本「星どろぼう」から考えた楽しいメニューです。
なんと、星の形をした具が3つの献立に入っていました。
願い事をしながら「星」を食べると、その願いがかなうそうですよ。
※ 毎日発行「食育通信」はこちらから →H307月5日星とコラボ七夕行事食doc.pdf
 
今日も猛暑の一日となりました。
今月の献立のねらいは、「しっかり食べて、元気に過ごしましょう」です。
給食には、夏野菜をふんだんに使った「夏野菜のみそ汁」がでました。夏野菜には、汗をかくことで失われる水分やミネラルが含まれています。夏バテを防止し、体の調子を整えるビタミンも多く含まれています。
夏野菜をしっかり食べて、夏を元気に過ごしましょう。
 
今日の給食は、今年初めての冷やし中華でした。
冷やし中華をつくるには、温めて冷やすという調理作業があり、調理員さんのご苦労はたいへんなものがあります。
「おいしく食べてほしい」という調理員さんの心を感じながら、感謝していただきました。
 
6月19日(火)は、身欠きニシンとアスパラ、新ジャガの入った鯨汁でした。旬の野菜を使った郷土食豊かな給食でした。 
 
 6月6日(水)、今年度第三弾となるコラボ給食は、絵本「おしゃべりなたまごやき」とのコラボでした。
卵焼きでなく、目玉焼きでした。理由は、目玉焼きを「顔」に工夫できたからです。星形に切り取ったニンジン二つで目をつくり、黄身の部分を口にしました。
子ども達は、絵本のストーリーを想像しながら、楽しくいただきました。
毎日発行「食育通信」はこちらから → H30.6.6コラボクイズ 卵焼き doc.pdf
 
5月25日(金)は、ペロリンチャレンジ週間の最終日で、献立には、塩川小特製メロンパンが出ました。
メロンパンナちゃんは、愛の戦士です。塩川小特製メロンパンには、「愛情」がたくさん含まれています。
ペロリンして、心の愛も満タンにしましょう(^^)
毎日発行食育通信は、こちらから →-食育5月25日メロンパン.pdf
 
今日24日(木)の献立は、新タマネギを使ったポークカレーでした。
毎日発行食育通信は、こちらから → 食育5月24日新玉ねぎ.pdf
5人の給食調理員さんが各学級を訪問し、自己紹介や調理の仕方などを話しました。子ども達は、給食が、誰がどのようにつくっているかを知り、給食への関心と食欲を高めていました。
 
 
明日19日の運動会は、順延になりましたが、日曜日の運動会に向けて、また、これまでの練習の疲れを回復させるための「運動会応援献立給食」が出ました。
炭水化物のジャガイモをふんだんに使ったいももちなど、おいしくて栄養満点の給食をしっかり食べて運動会に備えましょう。
毎日発行「食育通信」はこちら → 食育5月18日運動会 ファイトdoc.pdf
 
第2回目のコラボ給食は、「ばばばあちゃんのえほん」から、ばばばあちゃんが大好きなむしパンが献立になりました。
毎日発行「食育通信」はこちらから →H30食育5月9日よい歯の日食育週間.pdf
 
「塩川よい歯の日 食育週間(5月7日~11日)」初日の献立は、「サンマルちゃん献立を、よく噛んで食べましょう」をねらいにした給食でした。
「シャキシャキドライカレー」は、5年生Sさん考案の認定献立でした。レンコンを噛むと、シャキシャキと音がしておいしくいただきました。「わかめとうずらの卵スープ」や「マゴハヤサシイサラダ」も、よく噛む工夫がされていました。
毎日発行「食育通信」はこちらから →5月7日よい歯の日食育週間.pdf
 毎日発行「食育通信」はこちらから →5月7日よい歯の日食育週間.pdf
 
5月1日の給食は、「こどもの日お祝い献立」でした。
キムチご飯に、若竹汁、鯉をかたどったオムレツ、かしわ餅、三色和え、牛乳でした。
毎日発行「食育通信」はこちらから →食育5月1日子どもの日お祝い献立.pdf
 
25日は、「花見団子を見て食べて味わって学ぼう」給食でした。
 
今日、23日から、第1回目の「ペロリンチャレンジ週間」がはじまりました。
よくかんでペロリンしてほしいと思います。
毎日発行「食育通信」はこちらから →食育4月26日旬 筍.pdf
 
19日は、入学と進級をお祝いする「お祝い献立」でした。
献立は、しこくご飯(赤飯)、こづゆ、エビフライ、のりずあえ、牛乳でした。
 
18日は「食育の日」です。ふるさとを味わおう!をテーマに、献立は「喜多方ラーメン」でした。
チャーシューと煮卵をトッピングして、おいしくいただきました。
喜多方といえば、蔵の町と喜多方ラーメンです。喜多方には、約120件のラーメン店があり、人口あたりの店の数は、日本一といわれています。
 
 
今年度第1弾となる「絵本とコラボ給食」は、1年生の初めての給食にあわせて実施されました。
コラボしたのは、絵本「おなべおなべ にえたかな?」にでてくる「タンポポスープ」と、実際の「菜の花スープ」です。タンポポに代えて、菜の花を使った「春のスープ」は、はじめての給食だった1年生にも大好評で、おかわりする子どもがたくさんいました。
毎日発行食育通信はこちらから → 食育4月13日絵本とコラボスープ.pdf
 
9日、月曜日から、塩川小の自慢の一つ「給食」が始まっています。明日からは、1年生の給食が始まります。
今日は、レモンマヨネーズでオーブンした、旬のサワラ(鰆)が主菜でした。
毎日発行食育通信はこちら → 食育4月12日旬鰆、わかめ.pdf
 
今日、3月20日は、最後の給食の日となりました。
アレルギーや異物混入等の事故もなく、地場産品を豊富に使ったおいしい給食をいただくことができました。
長嶺栄養教諭と調理員さんに感謝して食べました。「ごちそうさまでした。」
 
 
今年度の給食は、明日(3/20)、182回目で、最終となります。
長嶺栄養教諭と5名の調理員さんは、この1年間、心を込めて給食を作ってくださいました。また、世界の給食、日本各地の郷土料理、絵本とのコラボ給食など、工夫を凝らした給食でした。お陰で、子ども達の好き嫌いがなくなり、完食者が増え、残菜が減りました。
しっかりかんで、おいしく、かみかみして、わをたいせつに、元気いっぱいな 塩川の子ども達に成長しました。
※ 毎日発行「食育通信」はこちらから → 調理員さんからH330.3.19.pdf
 
3月16日(金)の給食は、6年生のパンの日人気ランキング第2位の「メロンパン」でした。
さらに、3月生まれお誕生日給食で、全校生に人気のミネストローネとシーフードサラダでした。
今年、ペロリンした割合は、4月に58%だったのですが、月ごとにペロリン率が高まり、
2月は、86%になりました。すばらしい成果です。
※ 毎日発行「食育通信」はこちらから →H303.16最終日 ペロリンクイズ.pdf
 
3月15日(木)の給食は、6年生のご飯ランキング第2位の「ポークカレー」でした。
今週は、今年最後の「ペロリンチャレンジ週間」です。
人気献立で、全員ペロリンしたいものです。
※ 毎日発行「食育通信」はこちらから →福神漬け 3月14日.pdf
 
3月14日(水)の給食は、6年生が選んだ「麺」給食の人気№1「みそラーメン」の献立でした。
麺の人気№2は、「スパゲティ」で、№3は、「タンタンメン」でした。
※ 毎日発行「食育通信」はこちらから → h303.14 いちご.pdf
 
今日、3月12日の給食は、世界の料理から「ビビンバ」が出ました。このビビンバは、ご飯もの献立の人気№1になっています。
人気のビビンバで、今年度最後の「ペロリンチャレンジ週間」がスタートしました。
今年の給食の感想には、「ほとんどペロリンできた。」「感謝して残さず食べることができた。」「残菜が減った。」と、クラスみんなの給食1番をあげています。
※ 毎日発行「食育通信」はこちらから → H30,ビビンバ3月12日.pdf
 
3月1日は、ひな祭り献立でした。
メニューは、ちらし寿司、すまし汁、エビフライオーロラソースがけ、フライドポテト、ゆで野菜のいそひたし、ひなあられ でした。彩りもよく、美味しくいただきました。
※ 毎日発行「食育通信」はこちらから →
 

2月26日は、2月生まれお誕生給食でした。
メニューは、ドライカレー、バターライス、白菜のスープ、クリーンポテト、ミカンゼリーでした。


今日の給食に、「ぽりぽりスナック」がでました。
スナック菓子といえば、ポテトチップスやポップコーンなどが代表的ですが、「ぽりぽりスナック」は、ダイズを主原料としたものです。
ダイズは、畑の肉と言われるようにタンパク質いっぱいで、お肉の2倍も多く含まれているそうです。
栄養満点「ぽりぽりスナック」を、ゆっくりよくかんで、味わっていただきました。
毎日発行食育通信は、こちら H30,2月14日大豆スナック.pdf



学校給食週間最終日(1月30日)は、中通りの郷土食「あぶくま汁」と「イカニンジン」が給食に出ました。
あぶくま汁は、鮭と地域で穫れる野菜に酒粕を入れてつくった県北地区の郷土料理です。

BCH30.1.30給食週間 中通り.pdf


1月29日(月)の「学校給食週間」2日目は、浜通地方の給食でした。
主菜の「カジキマグロのカツ」は、いわき海星高校の生徒さんが、ハワイ沖でとったお魚を使っているそうです。



30年1月24日(水)から、「学校給食週間」が始まりました。
福島県は、東西に広い面積をもち、浜中会津 というよに3地方分けることができます。 各地方では、気候風土が違うためにそれぞ独自の食文化が発達しまた。
今年の学校給食週間は、その 3つの地方で育てられた郷土料理を給食で紹介します。
今日は、会津地方の郷土料理で、ニシンの天ぷらとまんじゅうの天ぷらでした。
毎日発行『食育通信』はこちら → 

 
主菜は、「鶏南蛮めん」でした。           天ぷらの右は、「じゅうねんあえ」です。



19日(金)の献立のねらいは、「大好き 喜多方の日」で、団子さしと二十日正月をテーマにした給食でした。
メインメニューは、団子汁でした。人気の揚げパンも出ました。
「おいしい楽しい安全な給食で、幸多き一年になりますように」




1月11日、よく噛んで食べる運動「カミング30」で、サンマルちゃん認定献立がでました。
そのうちの一つは、1年生の関本はるた君が考えた「切り干し大根サラダ」でした。
するめも入っていて、よく噛むほどにそれぞれの食材の味がでて、とてもすばらしい献立でした。

 

※左の写真が、「切り干し大根サラダ」です。
※「噛み応え野菜のそぼろ煮」と「チキンカレー青のりフライ」も、認定献立となりました。(右の写真)

毎日発行食育通信 → 

    新巻き鮭と炒めなます
 ざくざく煮

 
 



12月の献立から


   
 




5月最後の31日(水)は、
日本列島味めぐり「新潟県の郷土料理!」でした。
笹団子、切り干し大根のナムル、チョコっと背あぶらラーメンでした。

詳しくは食育通信から → 


       5月23日(火)の給食は、世界の料理~中国編~でした。
・厚揚げと豚肉の味噌炒め
・ギョーザ、中華スープ
・麦ご飯、牛乳  でした。
   はじめて餃子を食した日本人は? ①水戸光圀 ②東条英機 ③昭和天皇
           答えは、食育通信から。→ 



    「よい歯の日カミング週間」の最終日は、
  ◎クロックムッシュ(食パンの上にハムチーズ焼きがのったもの)
   ◎野菜とお豆のスープ ◎シーフードサラダ ◎くだもの ◎牛乳 でした。



     今日(11日)は、喜多方産「アスパラの肉巻き」でした。
          みんなでカミングして、おいしさを存分に味わいました。