こんなことがありました!

日誌

イベント 県PTA喜多方大会第5分科会運営、ご苦労様でした。

本日14日は、福島県PTA研究大会喜多方大会が開催され、塩川小PTAは、第5分科会(特別支援教育)の運営を担当しました。
本校の江見教諭は、パネラーとして参加し、PTA会員の皆さんは、受付・接待、記録、講師接待、駐車場、救護などを分担して運営し、大きな成果に導きました。お休みの日にもかかわらず、皆さん一人一人が主体的、意欲的に活動くださいました。

お祝い 塩川小学校 公開授業研究会のご案内

昨年度は,「対話的な学び」の在り方に重点を置いて実践を積み重ねることで,NRT学力テストのUAの半減・OAの倍増という成果を導くことができました。また、今年度の全国学力学習状況調査では、算数科B問題で全国平均を大きく上回ることができました。

今年度は,「問いが連続する単元構成の工夫」「問いや思い・願いを引き出す課題提示の工夫」「見方・考え方を広げ深める対話的な学びの工夫」「学びを実感できるまとめ・振り返りの工夫」の4つの視点で研究を深めています。また,対話的な学びの基盤である「親和的な学級集団づくり」のための「なかたくタイム」「スマイルタイム」の日常実践も進めてきました。

つきましては,18日の木曜日に「平成30年度公開授業研究会」を開催し、実践の一端を公開いたしますので、多くの先生方のご参会をいただき、ご意見,ご指導を賜れれば幸甚です。

 詳しくはこちらから → H30 公開研究案内②.pdf

 学校だより「あ・は・も」№24号もご覧ください。 → 学校だより№24.pdf

花丸 鉄棒が、跳び箱が、運動がたのしい(^^) ~体育専門アドバイザー~

体育専門アドバイザーの矢澤先生と武蔵先生が来校し、「鉄棒」「跳び箱」を使った運動と、体つくりの運動をご指導くださいました。
2年生の「鉄棒遊び」では、上がる、回る、下りる技を、楽しく教えてくださいました。
 


1年生の「跳び箱を使った遊び」では、自分の力にあった場所で、楽しく運動することができました。


6年生の「体つくり運動」では、柔軟性の大切さを教えていただいたり、体の動きを高める運動を教えていただきました。

4年生の「鉄棒運動」では、発展技に挑戦しました。

 

試験 素敵です。1年生の対話的な学び合いの姿!!

今日(11日)は、1年3組で算数科の授業研究会が行われました。
前時学習の、10のまとまりをつくって計算すると正確に早くできるという学びを活用して,子ども達は、1年生とは思えない対話で問題を解決しました。

一人が説明し、一人がその説明通りにブロックを操作するペア活動、とてもわかりやすかったです。

 

グループ 31年度入学予定児童、65名がやってきました(^^)

10日(水)は、31年度入学予定児童を対象とした就学時健康診断が行われ、65名の子ども達がやってきました。
6年生のお話をよく聞いて、指示通りの行動ができていました。とても素敵な子ども達でした。
6年生は、お世話をしながら、入学の日が待ち遠しそうでした。

 

6年生は、手を引いてあげたり、読み聞かせをしてあげたり、だっこしてあげたりと、塩川小のお兄さん、お姉さんとなって大活躍しました。

鉛筆 「十の位と一の位に、分けて計算するとできます。」~学びの実感が高い授業~

今日は、3年2組で授業研究が行われました。
前時に学んだ「60÷3」の計算の仕方を生かして、本時は、「69÷3」の計算の仕方を考える授業でした。
写真にあるように、子ども達は、「60÷3」の計算の仕方を生かして、意欲的に問題解決に取り組みました。
本校の目玉である「対話的な学び」を中心に授業を進め、最後は、ペアで学んだことの振り返りを行いました。その後、適用問題に取り組んだのですが、みんなが「解けるー。」と、新しい問題をぐんぐん解いていました。

 分かったことをペアで分かち合いました。

笑う ふれあい芋煮会 ~子育ちの文化をさらに高める~

12日(金)、縦割り班で行う「ふれあい芋煮会」が行われました。
縦割りの各班ごとに、遊びを工夫してふれあいを深めました。その後は、各班の特長を生かした芋煮をつくり、おいしくいただきました。
遊びや芋煮づくりの中で、年長者と年少者の立場で、教え合い学び合いし、本校の校風にもなっている「子育ちの文化」をさらに発展させていました。

 

鉛筆 よい環境で学びを深める(^^)

校舎2階に新しい教室が二つできました。一教室は、二学期からなかよし2組が使用を開始していましたが、一昨日からは、なかよし1組が、ぴかぴかの明るい教室で学習しています。
6年生は、磐梯山噴火記念館の出前教室で、大地の変化について学びを深めました。

 

美術・図工 食欲の秋と芸術の秋 ~コラボ給食~

12回目となった、大好評『絵本と給食のコラボ』は、絵本「おだんごスープ」からでした。
矢部学校司書が、内容を放送でお知らせし、コーナーをつくってくれました。たくさんの子が、この絵本をめあてに図書館にきます。関連本も置いて、子ども達の読書欲を満たしてくれています。
※ 毎日発行『食育通信』はこちらから → 絵本とコラボ だんごスープ H3010月4日.pdf

◎ 夏休みの「親子読書」へのご協力、ありがとうございました。

2年生は、ひまわりの絵。1年生は空想の絵に取り組んでいます。

 

 

 

昼 一粒万倍!! 5年生の稲刈り

5月30日に田植えをし、約4ヶ月後の今日(3日)、たわわに実った稲穂を刈り取りました。
田植えの日に、「一粒万倍」のお話を聞いた子ども達です。実際にどのくらいのお米ができたか計算してみました。
田んぼには、7260株あり、一株に約20本の稲があり、その一本には、約80粒の籾ができていました。
これを式にすると、7260×20×80=11,616,000
つまり、1200万粒のお米ができたことになります。ご飯茶碗にすると、6千杯分です。
子ども達は、稲をカマで刈り、脱穀しました。そのたいへんさと、できたお米の数を聞いて、収穫の喜びと自然の不思議を実感していました。