ようこそ! 会北中学校のホームページへ!!

会北中学校のホームページへ

ようこそ

ご覧いただき、ありがとうございます!!

 

  会北中学校の耀き                     

 

ニヒヒR6全会津中学校体育連盟功労賞(R6.2) 全国大会出場選手

 

笑う耶麻地区学校教育研究作品展(R6.1.19)

共同研究の部 奨励賞 会北中学校

研究主題「主体的な学びにつながる、読解力・表現力等を高めるための工夫」

 

興奮・ヤッター!第66回福島県中学校体育大会スキー大会(R6.1.11~1.12) 

アルペン競技 女子ジャイアントスラローム 第3位 全国大会出場!!

アルペン競技 女子スラローム       第3位 全国大会出場!!

アルペン競技 女子スラローム       第8位 東北大会出場!!

アルペン競技 女子総合          第4位 会北中学校!!

  

 

  地域にひらく会北中学校                  

 ・「 『会北中における5類感染症へ移行後の対応』」←クリックしてご覧ください。

・「 『会北中学校いじめ防止基本方針』」←クリックしてご覧ください。

          

地域と共に歩む会北中学校
新着情報
学校の様子

出来事

給食・食事 熱塩加納町が誇る本日のまごころ給食

本日の給食を紹介します。

 

<メニュー> ちらしずし、ブロッコリーのサラダ、こづゆ、桃入りミルク寒天、牛乳

<熱塩加納産の毎朝お届け「まごころ野菜」> キャベツ

<一口メモ>

 「ひなまつり」桃の節句で、女の子と健やかな成長を祈る行事です。節句に合わせてのメニューで、特に「桃入りミルク寒天」は缶詰の桃を入れた手作りのミルク寒です。

<食レポ>

 こづゆは、おぼんに載った瞬間から鰹だしの香りが漂い、汁の中に乾燥ほたても入ったことでスープがより豊かな味わいに仕上げられました。具材には里芋、にんじん、麩、きくらげが入り、見た目も味も楽しめるお汁でした。

 ちらしずしは、ほどよいお酢の香りが漂い、油揚、ニンジン、干し椎茸、卵そぼろ、薄切りかんぴょうが入り、よくかんで食べることで一層甘さが感じられる一品でした。

 ブロッコリーのサラダはブロッコリー以外に、キャベツ、コーン、チーズが入って醤油ベースの味付がされ、そこにかつお節がかけられることでより食べやすいサラダになり、本日のちらしずしとベストマッチングなサラダでした。

 桃入りミルク寒天は共同調理上で作られた手作りのもので、桃の香りとほんのり控えめなミルクの甘さが味わえるおいしいデザートでした。

給食・食事 熱塩加納町が誇る本日のまごころ給食

本日の給食を紹介します。

 

<メニュー> ごはん、高野豆腐の卵とじ、にんじんしりしり、豚汁、牛乳、ヨーグルト

<熱塩加納産の毎朝お届け「まごころ野菜」> だいこん、じゃがいも

<一口メモ>

 独特の香りと甘みを持つ「にんじん」は、給食では毎日のように使用します。彩りはもちろん、風邪などの予防にももってこいの野菜です。

<食レポ>

 豚汁はしょうゆベースのスープに適度なかみ応えのする大根、かたさを楽しめるかみ応えのごぼう、ホクホクなじゃがいも、にんじん、長ねぎ、豆腐、豚肉が入り、疲れた身体に優しく感じられるお汁でした。

 にんじんしりしりは、もともとは沖縄県の郷土料理です。かわいい料理名ですがにんじんを千切りにする際に音が「しりしり」と聞こえるところからついた名前だそうです。給食のサラダは通常、水でしめてあるため、適度な冷たさを感じながらいただいていますが、このしりしりは、暖かさがまだ残る温野菜といった感じでした。にんじんの他にもやし、シーチキンが少量の塩コショウで味付けされ、いつもと違うサラダを味わうことができました。

 高野豆腐の卵とじは、高野豆腐が苦手な人でも食べやすいように工夫してありました。高野豆腐は食べ応えのする適度な厚みがあり、ちくわ、にんじん、玉ねぎ、干ししいたけ、糸こんにゃく、鶏肉と卵とじで、軽く炒められ、高野豆腐独特の香りがおさえられていて、おいしいお料理でした。

 ヨーグルトは衝撃の走るおいしさで、生クリームのようなチーズのような、濃厚なクリーミーさが堪能でき、淡い甘さと、糸を引くような独特のとろみも相まって、至福のひとときをいただきました。

グループ 第2回生徒会総会及び授業参観・PTA学年懇談会

 本日は午前中から授業参観を行い、午後は生徒会総会の参観もしていただいた後、PTA学年懇談会を行いました。
 生徒会総会では今年度の生徒会活動の反省、生徒会規約の改正、それに関わる議事の承認が行われました。質疑・応答ではたくさんの生徒から様々な意見や質問が出て、活発な議事が行われました。
 ぜひともこの反省を今後に生かし、これまで先輩が作り上げてきたよき校風は継続し、新たな伝統を築き上げていってほしいと思います。

 

 ご多用中においでいただきました保護者の皆様、大変お世話になりました。有り難うございました。

給食・食事 熱塩加納町が誇る本日のまごころ給食

本日の給食を紹介します。

 

<メニュー> 菜めし、豚肉のしょうが焼き、ごぶ漬けサラダ、飛鳥汁、牛乳

<熱塩加納産の毎朝お届け「まごころ野菜」> 白菜、じゃがいも、小松菜、キャベツ

<一口メモ>

 奈良県の郷土料理を紹介します。「飛鳥汁」は飛鳥時代に伝わってきた鶏肉と牛乳が入ったおみそ汁です。

<食レポ>

 飛鳥汁の白濁とした汁は一口メモの通り、牛乳が入り、普通の味噌汁よりもやわらかくまろやかに感じられます。白菜のサクサク感、ジャガイモのホクホク感も味わえ、豆腐、ごぼう、にんじんも入り、飛鳥の先人が食べていた飛鳥時代の貴族~庶民の姿に自然に思いを馳せます。

 熱塩加納のひめさゆり米が使われていることでいつ食べてもおいしいのですが、菜めしは、春の象徴の菜の花がみじん切りにされ、ごまとほんの少しの塩で、菜の花の香りが味わいやすい仕上がりで一足先に「春」を味わえました。

 豚肉のしょうが焼きは、少し厚みと堅さがある焼き加減で、よく噛むことで食べ応えとしょうがの味付けを堪能できる一品でした。

 ごぶ漬けサラダは千切りこんぶに、キャベツ、にんじん、春雨、豚肉が酢とごまだれで味付けされ、また、小さく切られたたくわんのこりこり感も楽しめ、ご飯がどんどん進むおいしさでした。

給食・食事 熱塩加納町が誇る本日のまごころ給食

本日の給食を紹介します。

 

<メニュー> ごはん、肉じゃが、のり酢和え、みそワンタンスープ、牛乳

<熱塩加納産の毎朝お届け「まごころ野菜」> じゃがいも、小松菜、キャベツ、玉ねぎ

<一口メモ>

 周りが海で囲まれている日本では、昔から海藻が食べられてきました。海藻には独特のうまみがあり、野菜や果物には少ないカルシウムが豊富に含まれています。

<食レポ>

 みそワンタンスープのスープはラーメンのつゆのようで、薬味としてのにんにく、しょうがの他、にんじん、キャベツ、もやし、ニラ、玉ねぎにワンタンと、いつものように野菜を中心としたたくさんの具材が入り、心と体によく効いてくれそうな一杯でした。

 のり酢和えは、酢をベースとしてツナ、もやし、コーン、小松菜が和えられ、刻まれたのりも香ばしく、ごはんがどんどん進むおいしさでした。

 肉じゃがには大きめのじゃがいもが入り、しかもこのジャガイモの甘さはさつまいもに匹敵する程で(おそらく品種は「インカの帝国」)、そこににんじん、糸こんにゃく、玉ねぎ、豚肉が甘塩っぱいたれで煮込まれ、こちらもごはんがどんどん進むおいしさでした。

給食・食事 熱塩加納町が誇る本日のまごころ給食

本日の給食を紹介します。

 

<メニュー> ごはん、納豆、チーズおかか和え、切り昆布の煮物、なめこ汁、牛乳

<熱塩加納産の毎朝お届け「まごころ野菜」> 大根、じゃがいも、小松菜、キャベツ、芋の茎、りんご

<一口メモ>

 「納豆」には、「タンパク質」や「食物繊維」、「ビタミンK」「ビタミンB2」など、豊富な栄養素が含まれています。

<食レポ>

 なめこ汁はなめこの他、大根、長ねぎ、豆腐、芋の茎が入っていて、なめこのぬるぬる成分が汁に広がり、汁を吸うとツルッとなめこ以外の具材も口の中に入ってきやすく、みそをベースにしたお汁でほっと一息つけるお汁でした。

 チーズおかか和えはキャベツ、小松菜にチーズとおかかが和えられ、野菜が苦手な人でも食べやすいサラダでした。

 切り昆布の煮物には切り昆布の他、ごぼう、にんじん、糸こんにゃく、さつま揚げにじゃがいもが入り、じゃがいもは切り口が大きくて食べ応えがあるためじゃがいものホクホク感がよく味わえ、切り昆布がたくさん入っていて他の具材も少しツルッとしているところがいつもと違う食感に感じられ、おいしくいただきました。

 納豆は、会津若松市内の業者さんで作られている納豆で、粘り気が強く、少しかきまぜただけでねばねばがたくさんできて、「これぞ納豆」と呼ぶにふさわしい納豆でした。

鉛筆 学年末テスト(1・2学年)

 いよいよ定期テストも今年度最後となりました。本日は技能教科のテストです。
 1年の締めくくりのテスト、少しでもよい点数を採ることができるように真剣に望んでいました。

給食・食事 熱塩加納町が誇る本日のまごころ給食

本日の給食を紹介します。

 

<メニュー> ごはん、鮭のマヨネーズ焼き、ひじきサラダ、チンゲン菜スープ、りんご、牛乳

<熱塩加納産の毎朝お届け「まごころ野菜」> 白菜、玉ねぎ

<一口メモ>

 「マヨネーズ」は、酢と油を卵の乳化力によって半固形にした調味料です。熱塩加納の学校給食では、マヨネーズもこだわりのものを使用しています。

<食レポ>

 鮭のマヨネーズ焼きが食缶からおぼんに配膳されると、少し焦げたチーズの香ばしい香りが漂い、鮭にかけられたマヨネーズとチーズが溶け合ったソースが鮭のおいしさを一層引き立てていました。

 ひじきサラダは、酢とレモン汁がかけられてとてもすっきりした味わいで、ひじき、にんじん、枝豆、白菜とピッタリのコンビネーションで、サラダと一緒に食べることでご飯がどんどん進むおいしさでした。

 チンゲン菜スープは、うす味の鶏ガラスープにチンゲン菜、春雨、にんじん、豆腐、しいたけが入っており、野菜のおいしさと、春雨のツルツルプチプチした食感も楽しめるスープでした。

 リンゴは、だんだんと「みそ」に(サクサクとした食感でやわらかく)なっていますが、季節が確実に春に移り変わってきていることを感じながら、おいしくいただきました。

給食・食事 熱塩加納町が誇る本日のまごころ給食

本日の給食を紹介します。

 

<メニュー> キャロットライス、チキンソテー、ゆで野菜、白菜シチュー、牛乳

<熱塩加納産の毎朝お届け「まごころ野菜」> 玉ねぎ、キャベツ、白菜

<一口メモ>

 周りの人と楽しく食事できるよう食事のマナーに気をつけましょう。和食でも洋食でも、マナーの基本は感謝の気持ちと周りへの思いやりです。

<食レポ>

 白菜シチューはふわっとした弾力感のあるやさしい味わいのホワイトスープで、玉ねぎ、ニンジン、サツマイモ、白菜が入り、調理員さんたちのぬくもりが伝わってくるようなおいしさでした。

 ゆで野菜には、甘いコーンにキャベツ、わかめ、かつお節が入り、食がどんどん進むおいしさでした。

 キャロットライスには、ほんの少しの香り付け用の玉ねぎに刻みニンジンがいれられ、バターとそれぞれの野菜の香りも味わえるご飯でした。

 チキンソテーは、ある程度の厚みがあって食べ応えがあり、キャロットライスにぴったりと合う主菜でした。

グループ 式歌練習(全校生)

 本日の6校時、全校生で卒業式歌の練習を行いました。
 ①君が代、②校歌、③仰げば尊し、④蛍の光、⑤群青

 最近の歌を式歌に選曲して歌う学校もあり、それはそれでもちろんいいのですが、本校では伝統的に「仰げば尊し」と「蛍の光」です。

 

 第3学期の始業式では、能登半島沖地震の被災者に思いをはせ、次のような話をしました。
「被災者の中にはみんなと同じく中学生、中には受験生もいます。停電のために電灯が使えず、『蛍の光』の歌詞にあるように、窓の雪の明かりで、大変な中でも必死に勉強している人もいたことでしょう。・・・」

 

 何人かは、卒業をイメージしつつも、被災者に思いをはせながら歌っているように見えました。