ようこそ! 会北中学校のホームページへ!!

令和3年度も随時更新していきます。お楽しみに!

新着情報
こんなことがありました!

出来事

見事に舞い上がりました。凧揚げ!

 12/10 久しぶりの晴天の空に連凧が舞い上がりました。文化祭の展示係が企画し、全校生と職員が作成した連凧です。風がほとんどなく、生徒が凧を持ち走っての凧揚げとなりましたが、冬晴れの青い空に見事に昇っていく凧をみて、生徒達も職員も歓声を上げました。すがすがしい笑顔に包まれた瞬間でした。

収穫際を実施しました。

 12月4日(土)に収穫祭を実施しました。昨年度は、新型コロナウイルス蔓延防止のため実施できなかった餅つきと会食も規模を縮小して行いました。杵と臼でついた餅は、感謝のお供えとして鏡餅としました。食べる餅は、餅つき器でつき、生徒と教員で鳥ごぼう汁としてお弁当と共にいただきました。午後からは、学校田委員による熱塩加納協力隊の森田さん製作のこの一年間の米作りのドキュメント動画の視聴、生徒感想発表、学校田支援委員のみなさまへの御礼などの全体会を行いました。春の田植え、追肥、除草、稲刈り、脱穀などいろいろな思い出がつまった餅の味は、大変おいしく、収穫の喜びを味わった素晴らしい機会となりました。今年度の学校田に多くの方々にご協力いただきました。お世話になりました。来年度もよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

校長先生による全校道徳「世界の医聖 野口英世」を実施しました。

 11月19日と11月22日の2日間にまたがって、校長先生による全校道徳を体育館で行いました。

 郷土が誇る福島県猪苗代町出身の偉人「野口英世」の生涯について学びました。幼い事に受けた左手の障がいにも負けず、周囲人々のあたたかい支援に支えられながら、努力に努力を重ね「梅毒スピロヘータの発見」や「黄熱病の研究」などの研究成果がよってが世界的な医学者に成長しましたが、黄熱病撲滅の研究途中で命を落としてしまった人生をたくさんの資料や逸話から読み取りました。また、周囲の反対を押し切り、黄熱病が大流行しているアフリカガーナへ向かいます。向かう途中の船上で満天の星空を見上げながら英世は、何を思っていたのか。死の恐怖を感じながらもアフリカに向かわせた思いは何だったのかを考えました。高い使命感、学術への高い関心、支えてくれた人々への感謝の心、達成できるという自分への自信などたくさんの意見が出されました。

 

 

 

 

 

雪囲い作業を行いました。

 

 シルバー人材派遣センターより5名の講師の方をお招きして、全校生で校舎周辺の植栽の雪囲いを実施しました。3年生にとっては中学校最後の雪囲い作業、中心となって活動していました。雪囲いの姿を見ると本格的な冬の訪れが近づいていることを感じます。

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

町内ボランティア活動を行いました。

 自分の住んでいる地区の集会所などで区長さんなどと相談して決めた活動を行いました。ガラス磨き、床磨き、トイレ清掃、地域の方達に喜んでいただけるように心を込めてボランティア活動を行いました。大雨の中の移動と作業で大変だったと思いますが、どの生徒も心を込めて施設の清掃を行っていました。

 

 

 

 

 

 

学校畑のカボチャとサツマイモの収穫を行いました。

 6月に作付けした、カボチャ(カンドウカボチャ)とサツマイモ(シルクスイート)の収穫作業を行いました。1、2年生合同で実施し、40分ほどでカボチャ80個、サツマイモ40個ほどの収穫がありました。例年に比べ、収穫量は少なかったですが、立派なカボチャが採れました。生徒が持ち帰って余った分は、熱塩加納調理場で調理し、給食でいただけます。楽しみです。

校内駅伝大会を行いました。

 全校男女混合縦割りのチーム編成で第4回会北中駅伝競走大会を実施しました。体力差を考え、外周と校庭を使い、600m1区間、900m3区間、1200m3区間の計7区間で襷をつなぎチーム対抗レースを行いました。開会式の後、十分なウォーミングアップを行ったあと、校長先生の号砲により一斉にスタートしていきました。始まる前は、長距離を走るつらさや襷をつないでいく責任から、重たい雰囲気を醸し出していた生徒達も、スタートしたら真剣そのもの。大きな声を出して声援し、ゴールした選手の健闘をたたえす姿は、スポーツの素晴らしさを感じるものでした。中学生の若さあふれる、さわやかな汗が光る素晴らしい駅伝大会でした。結果は、第1位Eチーム「侑季ですがなにか?」25分08秒、第2位Dチーム「AMKTDY」25分27秒、第3位Cチーム「Let It Be」25分42秒、第4位Aチーム「東洋大いもチーム」25分52秒、第5位Bチーム「一心六馬力」26分46秒でした。

 きたかたFM番組『スクール最前線』で、この駅伝大会の様子が放送されます。放送予定は、12月11日(土)午後4時30分~午後4時58分、再放送12月16日(木)午前10時30分~午前10時58分です。どのような放送になるのか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生体験入学を実施しました。

 今日は、熱塩小学校、加納小学校の6年生が来校し、中学校生活の説明、授業を参観や部活動の見学・体験を行いました。授業では、在校生と一緒に英語で質問に答えたり、先生からの質問に答えたりしました。部活動見学では、在校生に丁寧に教えてもらいながら、ボールを打つなどの体験をしました。中学校生活に期待を持てたでしょうか。会北中学校への入学をお持ちしています。

 

 

 

 

 

 

学校田脱穀作業を行いました。

 今日は、学校田脱穀作業です。3週間ほど天日で干した稲を、コンバインにかけ籾と藁に分けました。藁は、来年の肥料とするために、集めて田全体に蒔きました。収穫された米は10袋ほどでした。昨年よりは倍増です。米も大きく、豊作の予感です。稲わらの香り漂う学校田での作業は、収穫の喜びを感じる充実した時間でした。ご指導いただきました小林芳正さま、コンバインの運搬、操作をしていただきました中丸憲夫さま、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021会北祭

 「On the way to dream ~信じて進め~」をテーマに会北祭が行われました。新型コロナウイルス感染対策として各家庭2名のみ来場に制限して実施しました。発表や展示は、工夫が随所に見られ、感動あり、笑いありの生徒のエネルギーを感じる楽しませてくれる内容でした。文化祭実行委員長を中心に、まじめに真剣に取り組み、生徒一人一人が活躍が輝いた文化祭でした。

 保護者の皆様には、入場制限、マスクの着用、手指の消毒等 新型コロナウイルス感染防止の対策にご理解とご協力をいただきましてありがとうございました。

【シンボルマーク】 缶バッチデザイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【ビックアート「連凧」】

 生徒、教職員は思い思いのデザインを考えてつくりました。天候の良い日に凧揚げをする予定です。 

 

 

 

 

 

 

【オープリングセレモニー】

 映像を取り入れたオープニング。今年は、くす玉も見事に割れオープニングセレモニーを盛り上げました。

 

 

 

 

 

 

 

 

【総合発表】

1年 学習旅行 会津藩校日新館や慶山焼きでの陶芸体験で学んだことを発表しました。

2年 職場体験 2日間の職場体験で学んだことを発表しました。

3年 福祉体験 認知症サポートキッズ養成講座、高齢者疑似体験での学びを実演をまじえて発表しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【合唱発表】

1年 「飛び出そう未来へ」  2年 「My Own Road」  3年 「時を超えて」

女声 「虹と雪のバラード」  「やさしさに包まれたなら」

男声 「宇宙戦艦ヤマト」 「君をのせて」

全校合唱  「群青」

 

 

 

 

 

 

【有志発表】

 ダンス(3年)、ひげダンス(1年全員)、コント(2年)、祭り囃子(3年全員)が披露されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【生徒会企画】 

 クイズ「アタック35」 学習クイズ、私は誰でしょう?、ジェスチャークイズなどたくさんのクイズが出され、学年対抗で競いました。優勝は2学年でした。

 

 

 

 

 

 

【展示】

各学年総合、美術作品、家庭科作品、技術科作品、英語科